Facebookなどでたまに見かける不思議な広告の正体

Facebookやネットなどで、何が目的なのかよくわからない不思議な広告をたまに見かけます。これらの広告の正体は楽して稼ごうという人のおバカな涙ぐましい努力の結果です。まず赤字でしょうね。少しやっては赤字と気づき飽きてやめる。別のバカがまた同じことを考え広告が出てくる。この繰り返しです。

【読書ノート】ハンザ 12―17世紀 フィリップ・ドランジェ著

ハンザは、かつてドイツ北部の諸都市を中心にした貿易の共同体。今みたいな国民国家がないころの貿易はハンザのような共同体が担っていた。自由貿易を否定するかのような動きがアメリカにあるけど、こういう時代だからこそ学ぶ価値がある。

2017/11/09

てるみくらぶを利用して損した人の共通点

てるみくらぶのニュース。返金されない人が憤っているらしいけど、筋違いじゃない?格安サービスなんだから、損する可能性が高いことくらい事前に予見できるでしょう。何も考えずほいほい飛びついておいて、いざ損したら「人生めちゃくちゃ」なんて厚かましいわ。

2017/11/04

トランプ大統領と安倍総理大臣の独裁傾向に対抗する本 ー 「暴政」ティモシー・スナイダー著

ティモシー・スナイダーの「暴政」を読むと、一党独裁の危険性や、独裁者の暴走の怖さをよく理解できます。同時に、その対抗策として市民がどうすべきかを学ぶことができます。「今日の平和な世界でかつてのナチスのような独裁なんてありえない」と多くの人が思うでしょうが、そう思う根拠はどこにもないのです。

重複は「じゅうふく」じゃねぇよ!

重複を”じゅうふく”と読む人は多い。感覚的には7〜8割くらいの人がじゅうふくと読む。しかし、その読み方間違ってます。正しく読める人にあうと、それだけで仕事できる人に見えちゃう。重複は正しく読めてコスパの高い漢字ナンバーワンです。

2017/10/30

みずほの人員削減の件、銀行員は本当に大きな試練に直面しているのか?

みずほ銀行と三菱UFJの人員削減が大きく報じられているが、リストラでもなんでもなくただの人口減じゃないだろうか。

2017/10/27

自民党は本当に支持されているのか?選挙の制度をよく見るとその裏が立体的に見えてきた

自民党が圧勝した今回の衆議院選挙だが、世論調査の結果をみると安倍さんや自民党がそこまで支持を得ていないのがよく分かる。この原因を探ると、自民党の圧勝は日本の選挙制度による部分が大きく、そこまで安倍政権が支持されていないことがよく分かる。

2017/10/23

【書評】BlackBox 著者:伊藤詩織 ー 日本が女性にとっていかに生きづらい国かを教えてくれる

こういうスキャンダル的な本は色々な噂とか賛否が飛び交って、何が本当なのかよくわからない。ただ、本書を読んで一つ確かだと感じるのは、日本は女性の社会進出が遅れ過ぎているということ。例えば、国会議員にもっと女性が多ければ、こういう問題が今後起きた際にクリアになりやすいだろう。

2017/10/18

【書評】ペストの記憶 ー 感染症の流行を追体験できる

1655年のロンドンで流行したペストをあつかった作品。完全なフィクションでもなく、ノン・フィクションでもない、史実に近い形をとったルポルタージュのような小説。著者はロビンソンクルーソーの作者:ダニエル・デフォー。本書を読めば人類を滅亡させる可能性がある一番高いのものは核ミサイルではなく感染症だと分かるだろう。感染症の流行の際に生死を分けるのが何なのか、知っておいて損はない。

2017/10/17

【投票前に考える4】将来年金がもらえるか不安な20代のあなたへ

今の若い人は将来年金をもらえるか不安らしいが、人口が減ることと国債が重くのしかかって年金もらえるかわかりません。2016年の時点で、国家予算のほぼ50%が年金と国債の返済で消えているのです。この現実が好転する見込みなんてないし、年金なんてもらえるはずなくね?そんな心配するより若い人はしっかり勉強して見識を広めてください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 next