【コールセンター勤務の過酷な実態が垣間見える】大企業の顧客窓口に集まる理不尽なクレーム集にツッコミを入れてみた

大企業の顧客窓口に集まるクレームは想像以上に過酷なものだった。ここに紹介するのは上場した飲食チェーンのウェブサイトに集まったクレーム集である。どれも一方的で意味が分からないものばかりだ。

【待機児童のデータを見たて分かった4つのこと】- 北陸は子育てしやすいかも -

待機児童が増えたと厚生労働省の発表があった。データをよく見ると、日本全国でおしなべて増えたわけではなく、自治体によってかなり差があることが分かる。そして東京は子育てしにくいのは相変わらず。それと意外なのは沖縄は待機児童に関しては最悪だということ。北陸は待機児童に関しては超優秀。

【実録】お盆なのに電話営業してくるSEO業者の実態

お盆休み中なのに無遠慮に電話営業してくるSEO業者の実態、それは営業代行会社である。なんのスキルもない人たちが厳しいノルマを課せられて、機械的にひたすら電話営業をしまくる。もはや害でしかないこのような電話は、相手にしないに限る。

まとめ記事に「いかがでしたか」と書かれれる理由【広告収入のために何でもするまとめサイト】

まとめサイトとかまとめ記事と呼ばれるものを運営したり書いてる人は、広告収入を目当てにどんなことでもする。何も調べずてきとうなことを書き、誤認知を誘発することを意図的に行う。こういった情報は有害なだけなので、見ないほうがいい。

ハチに刺されて死ぬ人でも年間20人程度だからヒアリはそんなに怖くない

ヒアリの報道が過熱しているが、ハチに刺されて死ぬ人の数でさえ日本で年間20〜30人程度である。かりにヒアリが定着してもそんなにびびるほどの脅威ではないのは統計が示している。にも関わらずメディアがヒアリと騒ぎ立てているのはただ煽って、メディアを見て欲しいだけだ。まぁ、ヒアリは怖い虫なのかもしれないが、今のメディアの状況は明らかに煽りすぎである。

朝日と読売の加計学園報道の読み比べから分かること

安倍政権の横暴ぶりがあまりにもひどい、こんな与党の支持率が下がらないのが不思議でしょうがないと思っている人は少ないないだろう。安倍政権の横暴ぶりはいろいろなところで見られるが、最近は加計学園の報道が目立つ。加計学園の獣医学部の報道は5/17に朝日新聞がスッパ抜いて今でも連日報道が続いている。私は読売新聞と朝日新聞の両方を定期購読してるので両者の報道の違いがよく分かる。

日本でテロが原因の死者とタバコが原因の死者はどちらが多いか

日本国内でテロが原因の死者とタバコが原因の死者はどちらが多いかだろうか。これについて考えるとタバコが影響しての死者のほうがずっと多いことが分かる。政治家が国民の安全と健康を真摯に考えるならば、共謀罪より受動喫煙に優先して取り組むべきなのだ。

詐欺の情報商材「神王リョウ」につっこみを入れたらありえない数字が出てきた

世の中には投資詐欺とか、情報商材とか、起業セミナーのような怪しげなビジネスが横行している。で、そいつらが狩場にしているのはYahooとかGoogleの有料広告なわけです。なぜなら、ネット広告は小額から開始できるし規制も緩いので、変な広告が普通に出てくる。先日Yahooのニュースを見ていたら、たまたま広告で以下の写真のようなものが出てきてた。

企業のFacebook運用に役立つ記事 - 明日のプラニングを実証した生データ

7万人のフォロワーがいるツイッターアカウントの方が当ブログのツイートをしてくれた。さて、いったい何回クリックされただろうか?

【雨月物語】江戸時代の最恐ストーカーに背筋が凍る!

雨月物語は江戸時代に書かれた怪奇集。作者は上田秋成。江戸時代なんてとっても昔に思えるけど女の嫉妬の深さとか、最恐ストーカーのお話は現代と何も変わらない。雨月物語という古典から読みとれるものは多い。それに古典だから読んだ満足感は大きいし、現代語訳なら苦労せず読める。とってもお得と言える。

1