2015/06/11

シビリアンの戦争 デモクラシーが攻撃的になるとき 三浦瑠麗

本日6/11の朝刊に出ていた記事を紹介する。自衛隊のシビリアンコントロール(文民統制)に関する記事だ。先ずは目を通していただきたい。

防衛省の「背広組」(文官)と「制服組」(自衛官)のあり方を変える改正防衛省設置法が10日、参院本会議で成立した。文官が自衛官より優位になって防衛相を支える条文を撤廃し、対等な関係となる。野党の一部はシビリアンコントロール(文民統制)を危うくするとして反対した。2015年6月11日(木)朝日新聞 朝刊
防衛省の防衛官僚(背広組)と自衛官(制服組)が10月にも、法的に対等と位置付けられることになった。10日の参院本会議で、与党と維新の党などの賛成多数により可決、成立した改正防衛省設置法に明記された。中谷防衛相は、政治が軍事をコントロールする文民統制(シビリアンコントロール)が「弱まることはない」と説明している。 今後、防衛相を補佐する際、背広組幹部と、制服組の統合幕僚長らが対等の立場に立つことになる。改正法は、戦闘機などの防衛装備品の研究開発や調達、輸出を一元的に管理する外局「防衛装備庁」の新設も盛り込んだ。2015年6月11日(木)読売新聞 朝刊

朝日新聞のほうが図説を伴う記事で大きく扱われている。どちらの新聞からも野党が「文民統制が崩れる」と与党を攻撃している構図が読み取れる。こういった姿勢に異を唱える本があるので紹介しよう。「シビリアンの戦争 デモクラシーが攻撃的になるとき(著者:三浦瑠麗)」だ。

軍部の暴走が忘れられない日本

シビリアン・コントロールとは軍人が暴走しないように軍隊の最高責任者は軍人ではなく文民にするという発想である。特に日本は日中戦争、太平洋戦争での軍部の暴走という記憶が強く国民に残っているため、新聞新聞に乗っているように文民統制のバランスが崩れる、あるいはそういった状態に近づくようなことが起きると大きく報道される。では、文民統制を維持できれば戦争が起きないのであろうか?

この問いは「否」である。それを証明する事例が「シビリアンの戦争 」では多数紹介されている。記憶に新しい米ブッシュ政権の9.11テロ後のイラク戦争は文民である大統領主導による戦争で民間の支持率も極めて高かった。それに対してアメリカの軍人は戦争には強く反対していたという。

他にもフォークランド紛争、レバノン戦争、古くはクリミア戦争などを事例に様々なシビリアンの戦争を紹介している。本書を読むと軍部が暴走した日本の大戦の苦い記憶に、日本人が引きずられすぎているということがよく分かる。シビリアンコントロールを維持していれば戦争をしないわけではない。現実に安倍政権は戦争に近づく法解釈を行っている。

刺激的な結論

「シビリアンの戦争 デモクラシーが攻撃的になるとき」で著者が出した結論はなかなか刺激的だ。例えば以下の文。仮に日本が悲惨な戦争を起こしたら、後になって「あれは軍部の暴走だ」という言い訳は決してできないのだ。

シビリアン・コントロールが強い国では、軍はシビリアンの求める戦争に応じない選択肢はなく、シビリアンがやりたがらない戦争をする自由もない。シビリアンの開戦決定権があってこそ、軍の理性的な判断による戦争反対が際立つのだ。P219

戦争を起こして後悔しないように事前にとるべき対策を著者は以下のように提言する。

具体的な「共和国」への道は、緩やかな徴兵制度の復活ないし予備役兵制度の拡充により、国防に関わる軍の経験や価値観をひとりでも多くの国民が体験することを意味している。p229

戦争への問題意識を高めるために徴兵制を復活せよ。逆説的だが、その結果たしかに戦争が遠ざかるかもしれない。今の日本では無縁の徴兵制度だが、世界に目を向けると韓国やイスラエルなど徴兵制のある国はけっこうある。

このブログの筆者

早川朋孝
早川朋孝
ネコ好きな読書家。
月一冊は専門書を読むのが目標。年間読書計画はだいたい決まっているが、だいたい横にそれるのが悩み。好きな作家は塩野七生さん、佐藤優さんなど。タバコ嫌いで、ちょい右寄りです。

仕事はウェブが専門。学生の頃よりウェブ制作に従事し、CMSの提案やアクセス解析が得意。上場企業や、東京オリンピック関連サイトなど大規模ウェブサイトのプロジェクトを多数経験。仕事のウェブサイトはこちら
TwitterとFacebookとRSSで更新情報を受け取れます
RSS

最近のエントリー