採用サイト、求人媒体だけでは人材は定着しない

最近新聞などで「人手不足が深刻化している」という記事をよく目にする。

特に飲食店

わずかながらの景気回復に加えて、より問題なのは若年人口の減少!上記のグラフの通り、この傾向はずっと続く。ということで人材の確保は厳しさを増している。首都圏では時給1000円を超える好条件のバイトでもなかなか人材確保は難しいのが現状らしい。
さらに、時給を上げてようやく採用に至っても、すぐに辞められてしまうケースが後を絶たない。コストをかけて採用してもこんな状況では赤字だ。いったいどうすれば優秀な人材を確保・定着できるのだろう。

人材確保の要諦は仕事を探す側の立場になって考える。これが基本。多くの人がする失敗。それは以下のようなストーリー。
スタッフが急に辞めることになった。お店がまわらなくなる。急いで人材募集しよう。とりあえず手っ取り早く募集するために、求人媒体にでも出稿しよう。うちは条件も悪くないし、すぐ集まるだろう。
こんな感じで気軽に採用サイトや紙の求人媒体にコストを投じて、失敗する例が後を絶たない。なぜなら、仕事を探す側の視点が欠落しているからだ。希望的観測を根拠にしていては今どき人材は集まらないだろう。

人材、アルバイトを定着させるには?

採用サイト、求人媒体に掲載する情報

誰でも仕事を探す際は、その仕事がどんな仕事なのか、職場にどんな人がいるのか不安を感じるものだ。募集してくる人が感じるであろう不安を丁寧にひとつひとつ消してあげるしかない。そのためには採用サイト、求人媒体に以下のような情報を明確に掲載することだ。

  • 働きがいのある素敵な店(職場)であることをアピールする
  • 給料、交通費、休みなど待遇面の情報をしっかり書く
  • 既存スタッフを紹介したり、そのインタビューを詳細に載せる(ただのスタッフの集合写真に「やりがいがあります」と書く程度では不十分」
  • 厳しいこともしっかり書く
  • 素敵な出会いがあることを連想させるような情報を掲載する(スタッフ同士、お客さんとか)

人材を募集するにはこういった工夫が必要だ。人材に恵まれているお店や会社は上記のような工夫を大抵している。他社の求人サイトや媒体を、自分がこれから募集するつもりで参考に見てみよう。
だめそうなところと、魅力的なところには、それぞれ共通点があるのが分かるだろう。基本的なことをきっちり書いたら、最後に第三者に確認してもらうといい。

こういう基本的なことをおろそかにして、表面的なことをいくら頑張っても無意味だ。求人媒体の営業担当は自身の成績を上げるためにもっと予算かけて閲覧者を増やしましょうとか、SNSでも情報掲載しましょうとか意味のない提案をしてくる。横着してそれにのせられてはいけない。

面接に時間をかける

次に面接時の注意点。これも相手の立場になって考えると分かるが、仕事内容は丁寧に説明する。だがそれ以上に大事なのは、最初に相手が何を期待しているか確認することだろう。これを飛ばしてしまうと、いざ採用となり仕事を開始しても、「思ってたのと違う」という事態になる。
仕事は大変だと尻込みされるかもしれないが、隠さず話すほうがいい。大変であっても、やりがいや将来のプラスになることをきっちり伝えてフォローすればいい。

採用後のフォロー

めでたく採用となったも、新人に対する入社後のフォローは重要だ。たとえアルバイトであっても、ただの作業だと思わせないことが大事だ。
ただの作業だと思われたら確実に辞められる。そうなる前に、相手が不安そうな表情、退屈そうにしていればすぐにわかるだろうから、そういう時に放置しないできっちりコミュニケーションをとる。

よくないのが、面倒をみるのを特定の誰かに任せてしまうこと。仮にその人がたまたま休みだったり、忙しい時と、新人は何をしていいか分からず戸惑ってしまう。
その新人が控えめなタイプの場合、誰に質問していいかわからないという状況になる。そういう空白を極力減らすようにしないといけない。

ただ、これはさじ加減が難しいのだが、あまり仲良くなると増長する。コミュニケーションは必要だが、仲良くなりすぎず、適度な緊張関係を維持するほうが、定着率はよくなるだろう。

真剣に取り組まないと人出不足は解消しない

以上のことを全部きっちりやるのは難しいかもしれない。聖人君子じゃあるまいし、どこの誰がそんなになんかも丁寧に対策するもんか!と思うかもしれない。しかし人手不足の原因たる人口減少はかなり深刻だ。以下に改めて人口動態の表を掲載する。冒頭のグラブを数字にしたもの。
出典:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(2012年1月推計)

時期 総人口 0〜14歳 15歳〜64歳 65歳以上
2010 1億2800万 13.2% 63.8% 23%
2015 1億2600万 12.5% 60.7% 26.8%
2020 1億2400万 11.7% 59.2% 29.1%
2025 1億2000万 11.7% 59.2% 29.1%
2030 1億1600万 10.3% 58.1% 31.6%

若い人の割合が減っている深刻さがこうやって改めて数字にするとよくわかる。人材獲得競争は激しさをます一方だ。仮に日本政府が移民政策を転換して移民を受け入れたとしても、状況がすぐに好転するわけではない。手を抜かず、採用サイト、求人媒体、面接、入社後のフォローをするしかない。

このブログの筆者

早川朋孝
早川朋孝
ネコ好きな読書家。
月一冊は専門書を読むのが目標。年間読書計画はだいたい決まっているが、だいたい横にそれるのが悩み。好きな作家は塩野七生さん、佐藤優さんなど。タバコ嫌いで、ちょい右寄りです。

仕事はウェブが専門。学生の頃よりウェブ制作に従事し、CMSの提案やアクセス解析が得意。上場企業や、東京オリンピック関連サイトなど大規模ウェブサイトのプロジェクトを多数経験。仕事のウェブサイトはこちら
TwitterとFacebookとRSSで更新情報を受け取れます
RSS

最近のエントリー