2015/11/20

毎年「今年は最高の出来」のボジョレー・ヌーボーに辟易している人が読む記事

ワイン業界はいつまでボジョレー・ヌーボーに頼るのだろう。ボジョレー・ヌーボー狂騒曲はバブルの頃の遺産。その遺産も露骨に減ってきた。それなのに毎年「今年は出来がいい」とワイン・インポーターは言っている。そんなメッセージはもう誰にも届いていない。それでも、今年もサントリーからメールが来た。以下に一部引用する。10/22に受信したサントリーのメルマガ。

ボジョレー ヌーヴォーの解禁まであと28日! 2015年のボジョレー ヌーヴォーは、帝王ジョルジュ デュブッフ氏が 「我がワイン人生最良の年!」と太鼓判のグレートヴィンテージ。 デュブッフ氏はワインをつくり始めて約70年。 その最良のヴィンテージとは期待が高まりますね!!

これに対して、ワインに興味のない人の意見は以下のようなものだ。永江さんという腕利きWebコンサルの方のTwitterアカウントより拝借。

もちろんワインに詳しい人なら、ぶどうの育成具合からワインの出来の良し悪しを予想可能なことを知っている。そしてワイン通は「だから素人はこまるなぁ」といった感じに反応する。そしてますますワインに興味のない人をよせつけなくなる。

しかしこういうワインに詳しくない人を置き去りにしているという時点で、ワイン業界は拡大できないだろう。つまりワイン好き以外の層をなかなか獲得できない。だからいつまでボジョレー・ヌーボーのようなバブル期の遺産に頼ってしまうのだ。
思うに、ワイン業界を上げてボジョレー・ヌーボーに代わる基軸を立てるくらいの意気込みがないと顧客獲得数は頭打ちだろう。

ワインはキャズムをいかに超えるか

ワインというと一般的には市民権を得ていないと思う。ビールや第三のビールくらい気軽に「ワインを飲もう」という人はまだまだ少ない。
ワインが市民権を得るにはこのワイン好きとワインを飲むという選択肢すらない人との間にある深い溝:キャズムを超えないといけない。

キャズムを超えるには新しい価値観をワインに興味がない層に提示しないといけない。ボジョレー・ヌーボーではダメなのだ。

ヌーボーは新酒という意味だが、ワインの新酒はワインを作っているところなら世界中どこにでもある。もちろん日本にもある。日本は山梨の甲州がワイン産地として名高い。最近は欧州に輸出できるくらいにまで品質が高まっていると聞く。
で、無理してボジョレー・ヌーボーを運んでこなくても甲州の新酒で良くない?美味しいし輸入する必要もない。

ボジョレー・ヌーボーの問題点は空輸であるということ。普通ワインはヨーロッパから日本に運ぶのには船便を使うが、ボジョレー・ヌーボーは新酒で早く飲みたいものだから、無駄に空輸している。だから高い。
ボジョレー・ヌーボーなんて現地ならボトル数百円で買える。それが空輸の燃料と関税で値段が跳ね上がる。つまりもともとそんなに大層なものではないのに、舶来品だからつい買ってしまうわけだ。この発想はまさにバブル。

ボジョレー・ヌーボーという大して美味しくもないワインを地球環境に負荷をかけてまで日本に運んできているわけだから、やっていることが時代にそぐわない。
COP21とか温室効果ガスを減らそうとか皆で言っているのにそれに逆らっている。

そこで「甲州の新酒を飲もう」と言えば、山梨から全国に運ぶのはそんなに時間がかからないし、環境への負荷も少なくて済む。なにより国産だから経済貢献もできる。また和食が世界的にブームになっている点も注目だ。
甲州ワインは和食に合う。刺し身でも栗ごはんでもいけちゃう。無理してフランスからヌーボーを輸入せずとも日本国内の地産地消で新酒は楽しめるのだ。

国内でうまいくいけば、次にこういった価値観を世界に発信すればいい。するとさらに魅力的なワイン市場となる。

余談

さて私はWeb業界の人間なのでWebに関しても一言。CMSに関していつまでもワードプレス一辺倒なWeb業界もワイン業界に劣らず怠慢だと思う。もっと優れたCMSが現実にあるのだから、Web制作会社はワードプレス以外のCMSを探して採用する努力をもっとして欲しい。

このブログの筆者

早川朋孝
早川朋孝
ネコ好きな読書家。
月一冊は専門書を読むのが目標。年間読書計画はだいたい決まっているが、だいたい横にそれるのが悩み。好きな作家は塩野七生さん、佐藤優さんなど。タバコ嫌いで、ちょい右寄りです。

仕事はウェブが専門。学生の頃よりウェブ制作に従事し、CMSの提案やアクセス解析が得意。上場企業や、東京オリンピック関連サイトなど大規模ウェブサイトのプロジェクトを多数経験。仕事のウェブサイトはこちら
TwitterとFacebookとRSSで更新情報を受け取れます
RSS

最近のエントリー