2016/04/27

OCNのSIMにドコモから乗り換えたら大満足だった件

ドコモのBF-01Dというデータ通信端末を使っている。契約から2年たったら、「月々サポート」というよくわからない2年割引が終わったとかいう理由で料金が上がった(下記グラフ)。2年使って安くなるならまだしも、料金の上がったことに対する合理的な理由が見いだせない。

ドコモ歴は13年になるのに、長期利用者の優遇はないのだろうか。頭にきたのでデータ端末の解約を検討。しかし、仕事柄データ通信端末は必須。ドコモ以外のポケットwi-fiとかe-mobileなども含め検討した結果、OCNのモバイルONEというデータ通信専用のSIMがあることを思い出した。
これならSIMカードを入れ替えるだけでドコモの通信端末(Bf-01D)がそのまま使える。しかも安い。

料金比較

これから2年間使った料金を単純に比較すると6.5万円の差がある。

通信の品質

ただし、いくら安くても通信状況が悪くなったら本末転倒。仕事柄けちれない部分。というわけでしばらくドコモとOCNを併用することにした。OCNのSIMは1500円くらいで買えるので、とりあえず購入し、利用申し込み。
こちらは1か月5GBで1500円(もっと安いプランもあるけど)。下の写真のSIMカードを見ると分かる通り、ドコモと同じなのだ。つまりドコモの通信網をOCNは利用していることになる(同じNTT系列だから当然なのだが)。

そして肝心の通信の品質は今のところまったく問題なし。電車の中でも今まで通り使えるし、地方でも自宅でも、外出先でもOK。
ドコモの通信品質と変わりない。これで高額なドコモのデータ通信契約を継続する意味がまったくなくなった。というわけでドコモの解約が決定。2年契約の違約金を払っても2〜3ヶ月でくらいで改修できる。通信の品質を落とすことなく、費用が3分の1以下になり大満足。

このブログの筆者

早川朋孝
早川朋孝
ネコ好きな読書家。
月一冊は専門書を読むのが目標。年間読書計画はだいたい決まっているが、だいたい横にそれるのが悩み。好きな作家は塩野七生さん、佐藤優さんなど。タバコ嫌いで、ちょい右寄りです。

仕事はウェブが専門。学生の頃よりウェブ制作に従事し、CMSの提案やアクセス解析が得意。上場企業や、東京オリンピック関連サイトなど大規模ウェブサイトのプロジェクトを多数経験。仕事のウェブサイトはこちら
TwitterとFacebookとRSSで更新情報を受け取れます
RSS

最近のエントリー