重複は「じゅうふく」じゃねぇよ!

「重複」を「じゅうふく」と読む人が多い。仕事柄この言葉を使うことが多いので、読み方の間違いが気になってしょうがない。間違って読む人がいるたびに「違うんだよ、それ」と心の中で思うが、間違えて読んでいる人のがほうがはるかに多いからいちいち指摘する気にもなれない。特に3名以上のMTGとかで、そのうち2人が「じゅうふく、じゅうふく」と言いあっているのに出くわすと「こいつらまじかよ」という気になって、肝心のMTGの中身に気が回らない。

そんな時に正しく「重複」を読める人が出てくると、その人が救いの神に見える。「あ、そうそう、それが正しい読み方だよね。あなたとなら仕事がうまくやっていけそう」って思っちゃう。

なんかドラクエではぐれメタル相手に会心の一撃が出たくらいすっきりする。正しく読める人ってだけで「仕事できそう感」を感じるし、「じゅうふく」って読んでいる人はだめに見える。実際の仕事の能力と関係なしに、そう思ってしまうのですよ。

事実、MTGで「重複」と正しく読んでいる人と「じゅうふく」と間違って読んでいる人同士が話しをしている場面に出くわすことがあるのだけれども、そういう時の会話はだいたいこんな具合ですよ。

会話例
Aさん「あれとそれは”じゅうふく”しているのが問題だよね」
Bさん「いや、”じゅうふく”してないでしょ」
Cさん「本当に重複(正しい読み方)してないか精査してから報告してください」

こんなMTGのような場面では、正しく読める人同士で互いに目を合わせて「やれやれ」みたいな無言のやりとりが生じることがあります。

上記のような会話が展開されると、Cさんが「重複」と正しい読み方をしているのに、「じゅうふく」と間違って読んでいるAさんとBさんはそれが同じ言葉だと気づかない。この場合は一つの疑問が出てくる。読み方を間違ってる人は正しく読んでいる人の言っている「重複」をどういう意味として認識しているのだろう?間違って読んでる人は言葉の定義が曖昧なままMTGを続けてることになり、意思疎通に齟齬をきたす。そうすると、やっぱり「じゅうふく」と読む人はやっぱり仕事できないんじゃないかな、ってことになっちゃう。

なぜこんなに重複を間違って読む人が多いのかよく分からない。学校で勉強したはずなのにね。ただ一つ言えることは、まぁ、私の感覚でしかないけど、若い人、具体的には今30歳未満の人に間違って読んでいる人が多い気がする。それと間違った読みをPCで入力しても「重複」と出てきてしまうことが、「じゅうふく」という誤った読み方が広がるのに拍車をかけている気がする。

こんな「重複」を正しく読める人に出会うと、「すごくちゃんとした人だなぁ」っていう印象を受けるので、正しく読めてコスパの高い漢字ナンバーワンだと思う。さて、重複の正しい読み方は「ちょうふく」です。「ちょう」と読む他の表現には重宝(ちょうほう)、輜重(しちょう)などがあります。

最近のエントリー

おすすめ記事

このブログの筆者

早川朋孝
早川朋孝
ネコ好きな読書家。
月一冊は専門書を読むのが目標。年間読書計画はだいたい決まっているが、だいたい横にそれるのが悩み。好きな作家は塩野七生さん、佐藤優さんなど。タバコ嫌いで、ちょい右寄りです。

仕事はウェブが専門。学生の頃よりウェブ制作に従事し、CMSの提案やアクセス解析が得意。上場企業や、東京オリンピック関連サイトなど大規模ウェブサイトのプロジェクトを多数経験。仕事のウェブサイトはこちら
TwitterとFacebookとRSSで更新情報を受け取れます
RSS

最近のエントリー