2013/05/10

入門ウェブ分析(小川卓)はアクセス解析の最高の教科書

入門ウェブ分析論(ソフトバンククリエイティブ 著:小川卓)は「知らないあなたは毎日損をしている」という刺激的なキャッチコピーが帯にある本。アクセス解析の有用性と具体的な使い方を解くこの本はアクセス解析の本格的な入門書と言える。
特に以下のような人は必読だろう。ここまで実践的なことが書かれてあり、コストパフォーマンスに優れた本も珍しい。

  • アクセス解析のPVの増減だけを見て一喜一憂している人
  • アクセス解析で何を見ていいか分からない人
  • SEOの順位の乱高下に悩む人
  • アクセス解析データの特定の指標だけを見てデータを加工しない人
  • アクセス解析と言ったらGoogle Analyticsしか知らない人
  • Google Analyticsの結果だけをレポートにしてるような三流のWeb制作会社
  • 会社で突然Web担当者になった人

アクセス解析の初心者に最高の入門書

アクセス解析に関する全般的な基礎知識から始まり、アクセス解析データを扱う際の注意点や、グラフの種類、レポートの作り方、目標設定の仕方など具体的なテクニックと考え方が満載で丁寧に説明してある。
一部数学の知識があったほうが理解が深まるような言及もあるが、文系の人でも容易に読める。初心者が間違えやすい点への言及も随所にあるため、安心して読み進められる。

本というよりアクセス解析の教科書とか参考書といった位置づけだろうか。実際にアクセス解析ツールを触りつつ、あるいはノートとペンを片手にしながら勉強するための本。アクセス解析を使いこなしているという自信のある方も、本書で基本的なことの見直しに確認すれば充分に役立つと思われる。というのも具体的な成果を出すためのアクセス解析テクニックが順を追って抜け漏れがなく掲載させれているので、アクセス解析に関して抜けている部分があれば補うことができる。

アクセス数の少ないサイトの運営者は、本書を勉強するより先にウェブサイトのアクセス数を増やすほうが大事だろうが、1%のアクセスの差が何万アクセスにも及ぶような規模の大きなサイト運営者は、本書の内容をマスターすればかなり大きな武器になるだろう。
参考までに「入門ウェブ分析論」の大きな目次は以下の通り。章を追って順番に勉強していけば、かなりの力がつくだろう。

  1. ウェブ分析とは
  2. ウェブ分析をはじめる前に
  3. サイトの課題発見から改善まで
  4. 集客と導線の最適化
  5. 一歩先のウェブ分析

レベルに応じて途中から読んでも問題ないが、例えば、ある章の前の知識が前提になって次の章に進むため、初心者は最初から進めたほうがいい。

前半を重点的に

「入門ウェブ分析論」大判でそこそこの厚さ。初心者はしり込みしてしまうかもしれないが案ずるには及ばない。後半はかなり専門的な内容なので、初心者は無理して読む必要はない。ある程度の規模の企業のWeb担当者が読むような内容となっている。
初心者が読んで勉強になるには前半の半分ほど。全部読まないでいいとなれば勇気も出る。頑張って勉強して欲しい。私自身もこの本からアクセス解析に関する多くを勉強した。
アクセス解析はPVの増減を眺めるだけという程度の人には最高の教科書である。それをあなた自身に体験してほしい。

ネットショップの人もアクセス解析

ネットショップの店長の中には、売り上げや売れた商品ばかり見ている人がけっこういるだろう。こういう人はアクセス解析を見てないことが多い。これではネットショップ運営改善に役立つデータを捨てているようなものだ。
Googleのアクセス解析ツール「Google Analytics」は無料で利用できる。こういったツールを利用しない手はない。手間を惜しまウェブサイトでもネットショップでもアクセス解析を導入して「入門ウェブ分析論」で勉強すれば、かなり高い確率で改善できる。

売り上げにつながった人がどんなキーワードできたか、どんなページできたか、スマホとPCとタブレットのう購買率の高いのはどれか、など実に色々なデータが見られる。こういったお宝データをウェブサイト運営の改善に役立つことができる。

このブログの筆者

早川朋孝
早川朋孝
ネコ好きな読書家。
月一冊は専門書を読むのが目標。年間読書計画はだいたい決まっているが、だいたい横にそれるのが悩み。好きな作家は塩野七生さん、佐藤優さんなど。タバコ嫌いで、ちょい右寄りです。

仕事はウェブが専門。学生の頃よりウェブ制作に従事し、CMSの提案やアクセス解析が得意。上場企業や、東京オリンピック関連サイトなど大規模ウェブサイトのプロジェクトを多数経験。仕事のウェブサイトはこちら
TwitterとFacebookとRSSで更新情報を受け取れます
RSS

最近のエントリー