ネット集客をはじめウェブ運用をトータル提案

Webブランディングとは

Webブランディングとは広告費に頼らずウェブサイトでブランディング化を進め、長期の売上安定を目指すものです。ただし誤解しないで頂きたいのは、Webブランディングは表面的にウェブサイトのデザインを変えるとか、ブログを書くだけで成し遂げられるような、そんな単純なことではありません。もっと経営の中でウェブサイトをどう位置付けて、どのように活用するかというところまで考えます。

広告費がダダ漏れ

リスティング広告を惰性で続けているが利益が出ていない、という話をよく耳にします。オーガニックサーチによるコンバージョンがない状態でリスティング広告費用をかけても全くの無駄です。

現在インターネットに限らず新聞、テレビ、ニュースアプリなど情報は氾濫する一方です。あなたがお客さんになって欲しい人は、溢れる情報にうんざりしているのです。経済成長率も増える余地はほとんどありません。なぜならすでに成長し尽くしているからです。

このような競争激化の環境の中で会社の業績を上げるにはメッセージを絞り、ピンポイントで届けたい人にだけメッセージが届くようにする必要があります。それをウェブサイトで行うことこそがWebブランディングです。

Webブランディングが軌道にのってくると、以下のように嬉しいことがたくさん起きます。もちろん簡単にWebブランディング化ができるわけではないのですが、地道に考え続けることで、必ずあなたの会社にとっての最適解を見つけることができるのです。

  • 価格競争を免れることができる
  • お客さんが強固なファンになってくれる
  • SNSであなたの会社や商品の情報が拡散されやすくなる
  • 優秀な人材が集まりやすくなる
  • 成約率が改善する
  • 採用辞退が減る
  • 銀行の融資が通るようになる
  • 大きい企業から問い合わせが来るようになる

中小企業こそWebブランディング!

「ブランドなんて大企業だけのものじゃないの?うちは零細企業だから、ブランドなんて関係ない。」このように考える中小企業の経営者は多いものです。しかしこれはまったくの誤解です。例えば、一般に知られておらず特定の業界内でだけ有名な企業が存在します。こういう会社は無駄な広告をうたず、自社の技術や商材が誰だけに有益なのかを把握し尽くしており、効率を極めた経営をしています。地味でも安定した収益があるのです。これは特定の分野で圧倒的な強さがあるからこそできる業です。特定の分野で認知されている、すなわちブランドがあると言えます。

「中小企業にブランドは関係ない」と、そのように考える中小企業の社長が多い今こそ、Webブランディングを実現するチャンスと言えます。

ウェブについては色々ブログで書いているのでよろしければ参考ください