ウェブは用いる人のリテラシーで決まる 月140時間の読書・新聞三紙の書評・有料メルマガから社会人に有益な本を紹介
Twitter Facebook
TOP >> ウェブは用いる人のリテラシーで決まる>>

時事ネタ

退職代行をする人たちがどんな人たちなのか厚労省のデータを見てたら、結局若い弱気な人がそういうサービスを利用しているという、想像通りの結果になった。ちーん。

白血病の公表をした池江璃花子選手。あまりに不運だし、日本の損失。彼女の回復と完全復帰を心の底から願っています。でね、こういう時に、ここぞとばかりに登場するのがトンデモな人たちです。以下のツイートにあるように、意味不明な言説で世を惑わす輩が出てくるのです。あるいは、トンデモは無責任な言説で自身の商売につなげようとします。

オセロの最年少チャンピオンが乗った飛行機の機長が、前回の最年少チャンピオンだった件についてちゃんと調べると奇跡でもなんでもなかった。というのもそのパイロットは意図的に人員配置されたからだ。こういう感動話系を煽って拡散させようとする動きには大抵裏があります。

安室奈美恵氏が引退した時、ネットもテレビも報道は安室ちゃん一色だった。安室ちゃんはそこまで人気があるのか?そこまでみんな大好きなのか、冷静に調べてみた。そしたら、少なくともアルバムの売り上げだけを見れば、ミスチルとドリカムのほうが人気とわかった。安室報道が多いからって、みんなが大好きなわけじゃないのです。

大阪なおみ選手がハーフだから日本人じゃないとか、よく分からないこと言っている人がいる。民族とか、国籍とか、そんなものはせいぜいここ150年くらいの歴史しかなく、しかも我々の頭の中にしかないものです。そんなもので人を傷つけていいのでしょうか。

体操パワハラの件、宮川選手と塚原本部長の言い分はどっちが正しいのだろう。少なくとも、当人はお互いに自分が正しいと思っている。こういう問題が起きると、私たちは一方が正しく、もう一方は間違っているという判断をしがちだ。でも実際には世の中そんなに単純じゃないと思う。

杉田水脈氏の「LGBTは生産性がないから税金がもったいない」発言について、新潮45のコラムを読んで確認したが著しく知的レベルが低いことが判明した。こんな人に議員収入が税金から払われていることのほうがもったいない。

ワールドカップでベルギーに善戦した日本代表。「次こそはベスト8」と勇ましい声が挙がっているが、はたしてそんなに簡単なのか。データが示すのは冷酷な事実だった。ワールドカップにおけるAFCの成績を見ると、ほとんど成長していないのがわかる。日本だけが強くなるなんて、難しいんじゃないかな。

ワールドカップロシア大会の日本対コロンビア戦で、スタンドのコロンビアサポーターがすごく多いのが気になった人は多いだろう。その原因を探ると、人口も経済力も日本ほど多くないコロンビア人が多かった理由は、サッカーが好きで好きでしょうがない人たち、という単純な結論に至った。

愛すべきムーミン。センター試験で話題になったムーミンの故郷。さて真相はいかに?

1 2 next

更新情報を受け取れます

早川朋孝

仕事の合間に月140時間ほど読書します。新聞は三紙、他に有料メルマガなどを購読し色々な本に目を通しています。このブログではその中から、ビジネスに直接あるいは間接的に役立つ本を紹介します。忙しい社会人はこれだけ読めばOKというブログを目指します。

仕事は業界15年のウェブ運用の専門家で、文系出身ですがシステムの提案やデータ分析をしています。ネコ好きなタバコ嫌いで反トンデモ。明治学院フランス文学科卒。