ウェブは用いる人のリテラシーで決まる 月140時間の読書・新聞三紙の書評・有料メルマガから社会人に有益な本を紹介
Twitter Facebook
TOP >> ウェブは用いる人のリテラシーで決まる>>

書評>核・原発

1980年9月18日に発生したダマスカス事件は偶然にも核爆発を免れた。核弾頭はミサイルの爆発で200メートル吹っ飛び、たまたま安全装置が機能して核分裂はしなかった。これは本当にただの幸運が重なったにすぎなかったのだ。ダマスカス事件だけではない。他にも無数の「たまたま、運良く核兵器が爆発しなかった事例」を本書は紹介する。本書を読めば核の安全神話はただの錯覚だと分かる。原発推進派が読めば考えが変わるかもしれない。驚愕のノン・フィクションに戦慄します。

1

更新情報を受け取れます

早川朋孝

仕事の合間に月140時間ほど読書します。新聞は三紙、他に有料メルマガなどを購読し色々な本に目を通しています。このブログではその中から、ビジネスに直接あるいは間接的に役立つ本を紹介します。忙しい社会人はこれだけ読めばOKというブログを目指します。

仕事は業界15年のウェブ運用の専門家で、文系出身ですがシステムの提案やデータ分析をしています。ネコ好きなタバコ嫌いで反トンデモ。明治学院フランス文学科卒。