ウェブは用いる人のリテラシーで決まる 月140時間の読書・新聞三紙の書評・有料メルマガから社会人に有益な本を紹介
Twitter Facebook
TOP >> ウェブは用いる人のリテラシーで決まる>>

書評>美術

美術館に行って自分以外の人が同じ絵画や彫刻を見てどう感じているのかは分からないけど、その人たちの中には美術品を「見る」のでもなく「感じる」でのもなく「読んでいる」人がいます。本書は西洋美術の通史として読むことで、西洋美術に関する体系的な知識を身に着ける入門書です。高校で世界史をとった人なら読みやすいでしょう。ごりごりのタイトルだけど、それに反してしっかりした内容なので安心して読むことができます。

1

更新情報を受け取れます

早川朋孝

仕事の合間に月140時間ほど読書します。新聞は三紙、他に有料メルマガなどを購読し色々な本に目を通しています。このブログではその中から、ビジネスに直接あるいは間接的に役立つ本を紹介します。忙しい社会人はこれだけ読めばOKというブログを目指します。

仕事は業界15年のウェブ運用の専門家で、文系出身ですがシステムの提案やデータ分析をしています。ネコ好きなタバコ嫌いで反トンデモ。明治学院フランス文学科卒。