ウェブは用いる人のリテラシーで決まる 月140時間の読書・新聞三紙の書評・有料メルマガから社会人に有益な本を紹介
Twitter Facebook
TOP >> ウェブは用いる人のリテラシーで決まる>>

EPARK歯科がGoogleMapの歯科医院の電話番号が勝手変えて炎上した件

2018年10月19日 インターネットのこと/ウェブ業界の裏側

コンサル契約をしている歯医者から以下のような連絡がありました。

Googleマップで当歯科医の検索をしたときに電話番号が表示されるのですが、その番号がEPARKという予約代行サービスの番号に変わっていました。Googleマイビジネスの編集画面から変更できるらしいですが、オーナー権限の移管とかが出てきてしまいうまくいきません。とても困っています。どうすればいいでしょうか。

とりあえずの解決方法はEpark歯科電話すること

Epark歯科に連絡してなおしてもらってください。すっとぼけたことを言ってくる可能性がありますが、毅然と文句を言えばいいです。実際にこれで私に連絡のあった歯医者さんは電話番号が修正されました。

余談ですが、Epark歯科のすっとぼけた対応というのは、恐らくマニュアル化されています。

EPARK歯科とは

EPARK歯科とはなんぞや、ということなのですがそのビジネスモデルについては以下の説明を読んでください。ま、一言でいうとポータルサイトビジネスです。食べログとかと似たようなものです。勝手に歯科医の情報を掲載して、口コミサイトとか称しているのです。

EPARK歯科は患者の送客ごとに料金が発生するというビジネスモデルを採用していて、契約している全歯科医院に固有の電話番号を割り当てています。その番号に電話をかけると、歯科医院に料金が請求される。という仕組みです。ワンコールで2000円〜3000円くらいで、プランによるみたいです。

食い違う言い分

率直に言うが歯医者はITリテラシーが低い人が多いです。Epark歯科はそれにつけこみ、Googleマップに掲載されている電話番号を自社サービスの有償の番号に変えたのです。連絡があった歯科医もEPARK歯科とは契約しており、EPARK歯科に問い合わせをしたけど、未だに返答がないとのこと。そしてこれが肝心なのですが、googleマイビジネスに登録したことはないそうです。

念のため私でEPARK歯科の担当者に電話をして確認したところ「院様の確認をとってから電話番号を変えた」とのことでした。一方確認をとられたはずの歯科医は「勝手に番号が変わった」と言ってます。この対立する両者の言い分のどちらが正しいのか私にはわかりません。

ここからは推測です。

  • EPARK歯科がgoogleマイビジネスに登録していない自社の契約者を代理で登録した
  • その作業依頼書のようなものには小さい文字で登録番号がEPARK歯科のサービス番号を使う旨が書いてあった
  • リテラシーが低く確認が面倒な歯医者は細かいところを気にせず作業依頼に契約した

たぶんこんな感じでしょう。人海戦術の営業会社のやりそうなことです。Eparkが勝手に番号を変えたのであれば大騒ぎになってその対応に追われると思うのだが、多分ブラック企業なのでしょう。固定残業とかで社員に対応させればいいだけなので、対応させたところで人件費はそんなに増大しない。「やっちゃおうよ」、「そうだね」と経営陣が気軽に会議で決定した姿が目に浮かびます。

EPARKには予約ではなく歯科医に用事があって電話したい人がいるかもしれないという視点が抜け落ちています。こんなサービスで契約者たる歯医者やポータルサイトの利用者が喜ぶと思ってるのかね。

解決方法

解決にはおそらく時間がかかります。EPARKが歯科医が面倒になって諦めてしまうのを狙ってわざと面倒な手続きをしているのでしょう。契約が多いので、一定の割合で諦める人がいるのを意図的に狙っているのです。社内対応が増えても、諦める人がいてそこからの利益が上回ると判断したのでしょう。悪質すぎる。

  • EPARK歯科に直接連絡して電話番号を戻すよう依頼する → これが一番手っ取り早いようです。これで解決した事例があります 
  •  Googleマイビジネスにログインして、以下のヘルプページを参考に登録情報を編集する。
    https://support.google.com/business/answer/6161762?hl=ja&ref_topic=6178581 マイビジネスでアクセス権限リクエストを送信する
  • 編集権限がない場合はEPARKに連絡して、以下の手順に従って編集権限の移行を進める
    https://support.google.com/business/answer/4669094?hl=ja
  • googleマイビジネスのオーナー(つまりEPARK歯科)が承認すれば、編集権限が歯医者に戻る
  • EPARK歯科に直接連絡して電話番号を戻すよう依頼する

これでGoogleマイビジネスに登録されている電話番号がきっと戻ると思います。ただ、EPARKが認めない場合も考えられます。その場合はGoogleマイビジネスの「異議申立て」のようなページがあるので、そこから申請する必要があります。これにはきっと時間がかかると思いますが、粘りつよく継続してください。健闘を祈ります。

ウェブ運用の情報を配信しています。よろしければフォローしてやってください。Twitter

このブログを書いてる人
早川 朋孝

仕事の合間に月140時間ほど読書します。新聞は三紙、他に有料メルマガなどを購読し色々な本に目を通しています。このブログではその中から、ビジネスに直接あるいは間接的に役立つ本を紹介します。忙しい社会人はこれだけ読めばOKというブログを目指します。

仕事は業界15年のウェブ運用の専門家で、文系出身ですがシステムの提案やデータ分析をしています。ネコ好きなタバコ嫌いで反トンデモ。明治学院フランス文学科卒。

facebookへ