ウェブ運用サポート

売りっぱなしのウェブ制作会社が多い理由

中小企業のなかには、ウェブ制作会社に依頼し自社サイトを作ってもらったが、一度も更新していないという会社が少なくありません。そもそも自社でウェブサイトの更新をする意志がないのならばそれで問題ありませんが、「自社で更新したいのにやり方が分からない」というのは問題です。

ウェブ制作会社は相手がそう感じないようにサービス設計をする必要があるのに、それができていないわけです。このような制作会社の姿勢に不満を募らせたウェブ制作依頼者は「あの制作会社は売りっぱなしだから別の会社に依頼しよう」と思うのは当然ですが、多くの場合、制作会社を代えても状況は変わりません。それはなぜか。

参入障壁の低いウェブ制作

ウェブ制作にはHTMLやCSSといったスキルが必要ですが、いれずれも簡単に身につけられるもので参入障壁が低いという特徴があります。大学や専門学校でデザインを勉強した人が、デザインを仕事にしたいためにウェブ制作に参加するという構図はよくあるパターンです。他にもデザインを仕事にしたい人はたくさんいます。そうやってここ20年ほどの間に、スキルの低いかつ提案力のないウェブ制作会社がどんどん増えていきました。

こういった制作会社の特徴は、デザイン面ではぱっとみきれいで無難なウェブサイトを作るのに、ウェブ運用を裏付ける技術力が皆無で、お客さんの立場にたったウェブ運用の提案ができず、それを実現するスキルや経験、そしてやる気もないということです。なぜこういう状況が生じるかというと、ウェブ制作会社の多くが自社で本格的なウェブ運用をできないからです。やったことがないのでできないのは当然でしょう。ノウハウがないのです。

だからこの手の制作会社は顧客を次々に新規獲得する必要があり、そうしないと会社を維持できません。彼らにとって新規のウェブ制作やウェブサイトのフルリニューアルこそが利益の源泉のためそれに時間を使います。それゆえに「ウェブサイトを更新したい」という既存客の要望は、制作会社にとっては利益を削る面倒な依頼でしかありません。

もちろんすべての制作会社がこういう方法で利益を得ているというわけではありません。なかには豊富な経験に基づいた優れた提案をしてくれる制作会社もありますが、そういう会社は少ないのが現実です。そしてそういう会社は電話営業をしてきません。既存客からの依頼が多く本業で忙しいからです。

一方腕のない制作会社はITリテラシーの低い層に対して電話営業をしたり、相見積もりサービスに登録したりします。そういった電話営業してくるようなウェブ制作会社やSEO業者は本質的にどこも似たようなもので、付き合うと不満が増す可能性が高いです。電話営業でリニューアルを促してくる制作会社はたいていは営業成績にしか関心がなく、あなたの会社のウェブサイトをよくしようという気概は、はっきりいって微塵もないと思います。

どういう会社に依頼すればいいか

では、どういう会社にウェブ運用の依頼をすればいいのでしょうか。それは簡単で、実際にウェブ運用を積極的にしている会社です。新しい試みや技術、ウェブ運用のノウハウをウェブで更新している制作会社ならば、運用のノウハウはあると判断していいでしょう。そういう会社に依頼するほうが、電話営業してくる会社に依頼するよりずっと安心できます。

ただし、そういう会社は電話営業してくる会社より概して費用が高いです。従って依頼する側のスタンスとしては、「作りっぱなしでいいので安くしたい」のか、それとも「ウェブ運用を本格的にしたいのできちんと提案して欲しい」のか立場をしっかり決める必要があります。

キャットマーケティングでは15年以上のウェブ運用の経験に基づき、ウェブ運用に関するあらゆるレベルの提案が可能です。以下に挙げるのは一例ですが、ウェブ運用でお困りの際はご相談ください。

  • アクセス解析
  • SEO対策
  • wordpress導入
  • ウェブマーケティング
  • ページ表示速度改善
  • ウェブサイトのスマホ化
  • ECサイト分析
  • サーバー運用
PAGE TOP