Webは用いる人のリテラシーで決まる 文系出身ITエンジニアの技術・マーケティングBLOG
Twitter Facebook
TOP > BLOG >

MacにインストールしたWordPressの仮想環境VVVを起動する方法が分からなくなった人が読む記事

WordPress

えーと、初心者にあるあるのお話しなのですが、例えばローカル環境にWordPressのパッケージをインストールすべく、検索したサイトの手順を見よう見まねでVirtualBoxやらVagrantやらVVVをインストールし、再現できて満足し、VirtualBoxをシャットダウンした。そして、次にいざローカル環境のWordPressを起動しようとしたら、起動の方法が分からない。これはローカルの開発環境に関する初心者が陥りがちな罠の一つです。

もう一度検索したウェブページが見つかればいいのですが、似たようなサイトをたくさん参照したものだから、もはやわけが分からなくなってしまう。せっかく苦労してローカルにWordPressをインストールしたのにこれではその苦労が水の泡である。これで諦めてしまうのはもったいないし、また最初からやりなおすなんてのも選択肢としては論外です。冷静に考えれば一度起動したのだから、手順がわかりさえすればもう一度起動できるはずなのです。

ここではその手順を紹介します。まずはおおざっぱな流れは以下の通り。

  1. VirtualBoxかVVVを選んで起動する
  2. Vagrantを起動する
  3. 仮想マシンにログインする

VirtualBoxかVVVを選んで起動する

まずは仮想マシンを起動しないことには何も始まりません。複数のディスクがある人はVVVを選択して起動しましょう。通常起動です。これは簡単でしょう。

MacからVirtualBoxを選択
まさかVirtualBoxが分からないという方はいないと思いますが。このアイコンです。

VVVにログイン
vvv login:はvagrant、パスワードもvagrantです。VVVにログインできた
うまくいきました

Vagrantを起動する

vagrantfile
次にVagrantを起動します。ターミナルでVVV配下で、Vagrantfileのある階層です。そこに移動したら以下のようにコマンドを打ちましょう。パスワードは空でいけます。3回パスワードを求められますが、空のパスワードで強引に突破できます。本当はもっと別の方法があるかもしれませんが、私は知らないのでこれでいきます。


パスワードは強引に突破

#vagrant reload

vvvにログイン成功
成功するとこういう画面が出ます。

ブラウザで表示する

VVVをブラウザで表示
ブラウザのURLでhttp://vvv.testを入力しページが表示されればです。ここまでくればあとはoneでもtwoでも好きなWordPressを使うだけ。

VVVのWordPressのSQL接続情報

vvvのwordpressのsql接続情報はwp-config.phpに記述があります。WordPressの設定に関しては大抵の情報はwp-config.phpに記述があるので、設定情報に関してはとりあえずwp-config.phpを見ましょう。SQLの接続情報は以下のように記載があります。

// ** MySQL settings – You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define( ‘DB_NAME’, ‘wordpress-one’ );

/** MySQL database username */
define( ‘DB_USER’, ‘wp’ );

/** MySQL database password */
define( ‘DB_PASSWORD’, ‘wp’ );

え?こんなセキュリティに関する情報をネットに書いていいのかって?一般公開していないローカル環境なのでまったく問題ありません。仮想環境がインストールされたそのパソコンからしか、アクセスできないので。

このブログを書いてる人
早川 朋孝

業界15年ウェブ運用が専門のITエンジニアです。サーバー保守やアクセス解析などフロントからバックエンドまで何でも対応します。データと科学的エビデンスを重視し、月140時間は読書します。ウェブ業界の裏側や読書で学んだこと、社会的なことなどをブログ記事にします。ネコ好きなタバコ嫌いで、明治学院フランス文学科卒という文系出身のエンジニアです。マリノスファン。

facebookへ
PAGE TOP