BLOG「ウェブは用いる人のリテラシーで決まる」 業界15年のコンサルが明かすウェブ業界の裏側
ウェブ業社にだまされない方法教えます
TOP >> ウェブは用いる人のリテラシーで決まる TOP >>

この記事は私が100社以上のSSL設定をしてきた得た苦労や注意点を整理し、エンジニアでない人にSSLとはどういうものか、どういう作業が発生するのかを簡単にまとめたものです。本記事の目次は次の通り。GoogleがSSLを推進する理由、SSL証明書の費用の違い、SSL証明書のインストールについて、SSL設定のフロー、その他注意点。

『サピエンス全史』のユヴァル・ノア・ハラリによる続編『ホモ・デウス』は科学の発達した未来で、人間がどうなるのか様々な分野を横断して縦横無尽に語る。著者は本書で人に自由意志など存在せず、あるのはただのアルゴリズムだ言う。最新の科学は冷酷なまでにその事実を私たちに突きつけてくる。しかし、私たちは自分の運命を自分で決めることができる。決めているのは自分自身だと、そう思いたい。本書をどう捉えるかは読む人によって大きく異なるだろう。考える材料を豊富に提供してくれる。

昔SESでさんざんピンハネしていた社長がいました。社員に残業代も払わない一方自分は高級車や海外旅行で放蕩三昧。ある時、一社からの支払いが滞っただけで会社のキャシュフローが崩壊し「30万円貸して」と言われたことがあります。その人自身は何のスキルもなく口が達者なだけ。最後は海外に逃げました。

GoogleMapに登録されている歯医者の電話番号が勝手にEPARK歯科の番号に変わるという事例が発生しています。調べてみると、EPARKは「許可を得て変えた」と言っており、歯医者側は「そんな依頼していない」と言っています。どちらが正しいのかわかりませんが、とりあえず勝手に変わった番号を戻す手順を掲載します。

紹介した記事中で、皮膚科医はドクターコールに応じたけど結局何もしてない。実際に交通事故現場に皮膚科医が出くわしても、専門外なら応急処置くらいしかできないでしょ。それなのに記事中では「ミスったら自己責任」を強調している。だから極論なのです。

オセロの最年少チャンピオンが乗った飛行機の機長が、前回の最年少チャンピオンだった件についてちゃんと調べると奇跡でもなんでもなかった。というのもそのパイロットは意図的に人員配置されたからだ。こういう感動話系を煽って拡散させようとする動きには大抵裏があります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 next

更新情報を受け取れます

早川朋孝

ウェブ業界15年のウェブコンサル・アナリスト。大手牛丼屋や東京オリンピック関連サイトなど大企業から中小まで幅広いウェブ運用に従事し、700社以上のアクセス解析やサーバー管理、100社以上のSSL設定を経験してきました。業界が長いと色々な同業者を見かけます。詐欺同様のウェブ営業会社やSEO業社などたくさんあります。そういう会社のせいでウェブ業界の評判が悪くなるのは腹が立ちますし、被害に遭う人を減らせればと考えています。

悪徳ウェブ業社の背景には、過激な営業活動をしないと案件を取れない体質があります。ウェブ制作会社や受託開発会社が案件をとるために無茶な条件でも契約して、その結果赤字になり社内が疲弊しみんな辞めていき、そして社内にノウハウが蓄積せず顧客に対して責任を果たせない。こういう場面を何度も見てきました。私は身の丈にあった案件の規模や数でやりくりするのがモットーです。